サービスについて

1.便利屋事業「いろいろサポートやっと亀」

名古屋市中村区の地域限定で、困っている方へのお手伝いを行っております。草むしり、書類整理、簡単な家事や話し相手、お子さんの勉強をみたりも出来ます。中村区にお住まいの方はチラシをご覧ください。

2.障害者支援センターやっと亀

名古屋市の指定を受け、公的に障害者福祉サービスとして相談支援事業を行っています。

4つの種別の相談支援事業を行います。

 

1.特定相談支援事業

2.障害児相談支援事業

3.地域移行支援事業

4.地域定着支援事業

 

1,2は2019年8月1日より、また3,4に関しては2019年9月1日より始まっております

各サービスの内容に関しては以下のリンクをご参照ください。

相談支援事業とは?→コチラ

 

上記のサービスを簡単に説明しますと、

1、2は障害をお持ちの方が公的資源、非公的資源のサービスを利用する際に、どのようなサービスをどういう風に利用していくか、その先にどのような目標を立て、どうなっていきたいのかを一緒に考え、計画を立てていくものです。計画は立てたらそのままでは無く、モニタリングといって見直すことを定期的に行っていきます。利用期間は特に定めておりません。

 

3は精神病院、障害者施設に長期間いる方が地域で生活したいとなった場合に、地域に戻れるようになるにはどうしたらより良いのかを一緒に考え、実践していくものです。病院や施設に長期間いると、不安が大きいものです。不安が無くなることはなくとも、軽減するにはどうするのか、退院、退所した先にどのような目標を持つのかも話していきます。利用期間は通常6か月以内になります。つまり最長半年間で地域に戻るお手伝いをするサービスです。

 

4は実際に地域に戻った方対象のサービスです。家での生活が相談できる方がいない、いても緊急時にはどうしていいか分からないなど困るであろう方と契約を結び、何かあった場合に電話での面談、訪問などを通じてどうするかを一緒に考えていきます。利用期間は通常1年以内になります。1年間で地域に相談できる場所を作ったり、自立(困った際にどこに聞けばいいかを知っており、そこに頼れること)出来るようにします。

トップに戻る パソコン版で表示